ホンダ車買取

ホンダ車買取

ホンダの車は世界各国に輸出されています。特に自動二輪車は、世界一の販売台数を誇るほど、有名です。

 

 

アジアの粗悪な環境でもよく走るホンダの車は、それだけ丈夫だと言えそうです。日本でもホンダは老若男女に人気があります。軽自動車のN−BOXからファミリーカーのステップワゴンまで、バラエティ豊かな車種展開が魅力的なようです。

 

中古車買取で注目になりがちなのは新発売の車種ですが、ステップワゴンはロングセラー商品です。家族でしっかり乗って、中古車査定に出してもあまり変動がありません。また、型落ちでも車査定額にあまり変動がないので、比較的多くの在庫数を保っています。

 

次のファミリーカーは車買取業者で探してみてはいかがでしょうか。

 

ホンダ社の車買取・車査定事情について

ホンダのフリードといえば、CM通りのちょうどよさが売りの車です。

 

狭い道でもすいすい乗れるというベストサイズなのに、車内は広々と使えるので家族にぴったりの車です。また、フラットに使える床面や両側スライドドア使用など機能も充実しているといったプラスの面しか見えてきません。

 

中古車買取業者が販売する価格は160万円強といった様子で、その人気の高さがうかがえます。中古車査定額もあまり変わらないといった感じでしょうか。

 

車買取で重要になる走行距離も、家族ユーザーだからこそ相場はやや長距離です。家族が増えたら、中古車買取に出して、より大きな車に乗り換える方が多いのでしょうね。強いていうなら、エコカーではない点くらいですかね。

ホンダ車買取記事一覧

ステップワゴンは、1996年に誕生したミニバンです。ホンダを代表するファミリーカーとして大人気となり、これまでに3度のフルモデルチェンジを行っています。2代目は、子供中心のファミリーを意識し、グレード名も、英単語KIDから、K、I、Dとしました。ペロブスカイト三元触媒システムの採用により、全車で優低排出ガス車を取得しています。3代目は、全体的にサイズダウンし、またスライドドアの開口部をより強固にす...

フィットは、2001年に誕生したコンパクトカーです。ホンダの乗用車の中では小型であったにもかかわらず、広い荷物スペースが確保されていたため、誕生以来大ヒットとなっています。広さの秘密は、センタータンクレイアウトと呼ばれる燃料タンクをフロントシート下部に配置したレイアウトにあります。2007年には、2代目がフルモデルチェンジをして登場しました。室内空間が広くなり使い勝手も改善され、さらに高いデザイン...

ライフは、ホンダが1971年に発売した軽自動車で、これまで5回のモデルチェンジを行っています。初代は、2ボックス型のセダンとバックドアを持っているワゴン、バンがあり、エンジンは空冷から水冷A型に変更されました。2代目は、軽トールワゴンとして登場したものの1年半しか生産されませんでした。1998年誕生の3代目は、全長3、395mm、全幅1、475mmと大きくなり、それに伴いエンジンもE07AからE0...