TOYOTA

トヨタ

トヨタについてはコメントする必要がないほどのトップを君臨し続ける自動車メーカーです。

 

愛知の豊田市発のこのメーカーは、地元民にはなくてはならないほど大切にされています。プリウスやアクアを代表とするエコカーの技術、顧客のニーズを第一に応えられる市場主義の精神には憧れる人が多いかと思います。環境配慮への関心が高いだけでなく、こだわって作られたデザインは老若男女に受けています。

 

中古車買取界においてもその人気は治まることを知らず、プリウスの中古車査定額は高い水準を保っています。旧型のプリウスでも中古車買取では、100万円以上の査定額で取引されています。

 

走ってうれしい、売ってもうれしいトヨタのエコカーは、中古車業界でも需要がありそうです。

 

トヨタ社の車買取・車査定事情について

トヨタの代表格を担っているのが、プリウスです。ハイブリッドカーのパイオニアとして発売され、生産が追いつかないほど人気がありました。その魅力は、やはりコストパフォーマンスの高さ、ガソリン代が従来型に比べて半分以下になるほど燃費に優れています。

 

一時期は中古車買取においても、高値で取引されていましたが、車査定額は年々下がっているようです。大きな原因は、エコカー開発が進む他者の存在が大きくなっています。

 

安価なハイブリッドカーや電気自動車など魅力的な製品が世に出回ってきたことで、プリウスの爆発的人気はストップし、中古車査定額も50万円ほど下降しました。そこで起死回生と出てきたのが、低価格を実現した新型プリウスや大型のプリウスαです。

 

家族で乗れる三列シートを施したαは、絶大な人気があるようです。この調子で車買取でも改めてトヨタ車の人気がでるといいですね。

【TOYOTA】車種別のレビュー記事一覧

クラウン

クラウンは日本を代表する高級車のひとつであり、最もスタンダードな高級車のひとつといえる車になっています。特にクラウンロイヤルサルーンは1955年古くから高級車として広く認知されている車で、現在でも一定の人気を持った車となっています。現在ではクラウンロイヤルサルーン以上の高級車というのも珍しいものではなくなりつつありますが、それでも高級車としてのステータスでいえば非常に高いものがあり、高級車といえば...

クラウン

トヨタ自動車が製造販売する、高級セダン・クラウンのスポーティーグレードであるアスリートは、古くは7代目となるクラウンのS12型が1983年にフルモデルチェンジで登場し、その時フロイントスポイラーを装着したモデル「アスリート」が初めてデビューを果たしました。クラウンアスリートの歴史〜発売当初は人気がなかったしかし、当時は ロイヤルサルーンの中の一グレードであるというニュアンスで、特別限定車という枠で...

アクアは、トヨタ自動車から発売されているコンパクトタイプの車です。最大の特徴は世界トップレベルとも言われる低燃費を実現していることにあり、プラグインハイブリッドカーを除いたガソリン乗用車の中ではトップクラスの低燃費を誇っています。アクアの燃費はどうなのか?カタログスペックでは1リッターあたり37.0kmという燃費の良さを備えており、この数字はあのプリウスをも上回ります。驚くほどのアクアの燃費の良さ...

現在ではハイブリッドカーの人気が高まっており、今では沢山の車種にハイブリッドモデルが存在しています。そしてこれだけハイブリッドカーが人気になった理由の一つとも言えるのがプリウスです。ハイブリッドカーの先駆け的な存在であり、ハイブリッドの歴史の礎を作った重要な一台と言えます。プリウスの初代が発売されたのは1997年ですが、現在でも生産販売が続けられており、そしてトップクラスの人気を誇っています。また...

ヴィッツが登場したのが1999年なので既に15年以上が経過しているハッチバックタイプの車です。これだけ息の長い車だと何度もフルモデルチェンジをしているはずですが、それでも依然としてヴィッツはトヨタの中で1000〜1500CCクラスのトップセールスを挙げているに違いありません。まず人気なのはヴィッツと言う車は年齢層を選ばないと言う事が大きい事です。若者からお年寄りまで小回りの利くコンパクトタイプで、...

アルファードの窓を閉め忘れた時、カギについてるリモコンで遠隔操作ができます。ロックボタンを長押しすると、カギの電波の届く範囲でなら閉まります。その逆も可能です。リモコンのカギのアンロックボタンを長押しすることにより、窓ガラスを開けることが可能です。また、アルファードという車名の由来は、ギリシャ語に由来するもので星座の中で最も明るい星という意味があります。タイヤ及びホイールサイズは16インチから18...